25)ヤス<バンダイ 1/144 オージェ>

1319771754402.jpg

今回初めて『コンペ』なるものに参加させていただきました。(過去作を持ち込んだことは何度かあるんですが)

酒餅、なんといってもレギュレーションが最高ですよね。

1.飲酒!
2.モナカ命!
3.改造厳禁!
4.筆塗り上等!

ここまでならまあ普通なんですけど、このレギュの上にあるいわば第0条、レギュを守るも守らないも自己責任、オッサンなんだから自分で考えれ。
これがよいんだなー。

1319771815950.jpg

さてオージェなんですが、名キットですので改造しなくても十分満足できます。
ディティールアップやフォルムには手をつけずに、いつかやりたいと思っていた
ボックスアートの再現に挑戦しました。

1319771828167.jpg

もう一つのテーマはウェーブの黒い瞬間接着剤を楽しむ事。

gdgd奨励の気安さでのびのび実験できました。

ビーム刀の表現なんて良くないですか?酒餅をやってなければ、こんなの思いつかなかったです。

1319771851165.jpg

塗装は油絵の具の赤、青、黄、白を調色して筆塗りで。

油絵の具は簡単に上手気に塗れるのでオススメです。

油絵の具というだけで、高級そうで気がひけてしまうんですが、偏見(逆偏見?)で、
実はとても塗りやすいんですよ。

さすがは西洋合理主義の精華。

ストレスフリー。

日本だと『道』の精神で、使いずらいほど、手間がかかるほど尊いって方向にいくんでしょうけどね。

1319771860442.jpg

酒餅って本来は、上手い人が息抜きのために下手に作らざるをえないレギュを設けてまったりやりましょうというものだと思うのですが、私にとっては実に心地のよい設定でした。
酒餅コンは終了してしまいますが、これからも『一人酒餅』でいきたいと思います。

1319771867822.jpg

参加させていただきありがとうございました!

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

油絵の具ってスゴイなァ…。

金じゃないのに金に見えてきますものね。
古今東西様々な巨匠が油彩で大作を残してきたのが実感できる仕上がり。
模型にも絵心って大事なんだな…としみじみ。

ありがとうございます!

副会長、ありがとうございます!


ま、金に見えるというのはご祝儀コメだと思いますがw。

油絵の具のポテンシャルはホント凄いです。

酒餅に参加した理由の一部は実は油絵の具塗りの布教が目的だったんですけどねー。

なんのレスポンスもないなー。

No title

油絵の具がプラにのるってこと事態がビックリなんですが、その技術にもビックリです!
汚し塗装する時はチャレンジしてみようかな~?なんて思ってます!
何気に台座も高級感たっぷりで好みです。
今回はお疲れ様でした!

完成おめでとうございます☆

実は…密かに製作過程拝見しておりました(^^*!!!

絵の具での絵画的な塗装は、フデヌラーとして非常に興味深いです☆

今回の作品も、芸術品を思わせる仕上がりで実に素晴らしいですね。

今後も是非ご教授お願い致します(^^*

No title

>こまささん。

お疲れさまでーす!

油絵の具はぜひ試してみてください!

かわいいタマゴローちゃんも、こってりバタくさい仕上がりになること請け合いですw (ダメジャン)

失礼しました、でもまじめな話、油絵の具は楽しいですよ。

No title

>ざく太郎さん。

ざく太郎さんにあのノロノロした製作速度を見られたかと思うと、お恥ずかしいですわw

僕はざく太郎さんが3日でやる内容を3ヶ月かけてやっているんだなと、悲しくなりながら作業していました。

こちらこそご教授願いたいです。

No title

いやぁ、まさに絵画的!
ほんとまんまボックスアートですね。
4色だけで塗ってるとは到底思えないです^^
油絵の具いずれ一度チャレンジしてみます!!
いや、無理か‥‥ こうはならんですね…
酒餅は続く、ですね♪

No title

>JOSE26さん。

いやー、油絵の具のポテンシャルに120%よりかかっているんですけどねー。

あと、四色塗りというのも、四色なのに凄いというよりは、実は初心者向けだったりします。

拍子抜けするくらい簡単なので、そのうち試してみてくださいね。

酒餅は続く。

まさしくその通りです!

毎日独り酒餅してますよ。

No title

ボックスアートの再現て面白いですね。オージェの箱はポーズも構図も見たこと無いのにあの頃の雰囲気が出ててかっこええなあと思いました。

No title

油絵の具で模型が濡れる
あ!塗れるんですね!!こんな表現の発見も酒餅の魅力ですね!

勉強なるわぁ~制作もしっかりでこれで焼酎が一杯飲めますw

No title

>ケタギーノさん。

当時の雰囲気がでていますか?

それは嬉しいです。

箱絵には実はあまり似ていないんですよねー。

こいつも目を光らせれば良かった!w

No title

>NHKEN2さん。

はいー。
濡れ濡れですよーw

これで一杯いけるとはありがたいお言葉です。

こいつをみて、人がうまい酒が呑めるかはとにかく、自分の完成品をみて呑む酒は最高ですよね!

立体絵画という趣きですね

油絵の具塗装には興味があるのですが
なかなか始められません。

黄色い部分の塗装による深みとか、
見てるだけで本当に絵画的で、いいなー うっとり~
という感じがしました。

腰のラバー部表現も、その反り具合を含めて
すごくいい感じ、格好いいよー と思います。
あんまりHM好きではないのですが、こういう
格好いいのを見ると、考え改めようという気持ちに
させられます。

No title

>とめぞうさん。

腰の反らしっぷりに着目するとは、お目がえろい、いえ、たかい。

そうなんです。作品解説に書き忘れていましたが腰はセールスポイントです。

引き締まりすぎていない、ちょっとだらしないくらいがそそりますでしょ。

・・・えー。

油絵の具は拍子抜けするくらい簡単でかっこよくしあがるのでホント試してみてほしいです。

マシーネン横山さんの筆塗りにあこがれるも挫折した私が、【代用品】で使っているのが油絵の具ですからホント簡単ですよ。

No title

油絵の具ってプラの上にのるんですね。
自然な感じでグラデがかかっているように見えますね。
高校時代,美術で使った記憶がありますが,
乾くまで結構時間がかかったような気がします。
結構塗装皮膜が薄いように見えますが,
隠蔽力はどうなんですか?

No title

>のらさん。

ありがとうございます。

油絵の具は遅乾性なので、グラデは容易です。
プラモの上で直接混ぜちゃいます。
ブレンディングというやつですね。

隠蔽力は絵の具によって透けるものもあれば、しっかり塗りつぶせるものもあります。

ちなみに塗膜は乾燥すればプラスチック並みに頑丈です。
可動モデルも十分いけますね。

半年くらい触らずに待てればですがw

楽しいのでぜひ試してみてください。

No title

よく見ると、プラの表面がカンバスのようにみえてきます・・・(笑
絶妙な色のブレンド具合が油ならではなんですかね?

プラカラーでこの表現はかなり困難そうですね。


いや、しかし1/144オージェ、プロポーションいいじゃないですか!!
ちょっと嫉妬してしまいました。。

No title

油絵の具、素晴らしいですね。
エナメル塗料でウォッシングとかフィルタリングをしたみたいな効果になってますね。
いきなり油絵の具オンリーというのはまだちょっと勇気をもてないのですが、汚し塗装などに導入してみるのは有り有り有り、ミラクル!です。

油絵の具ですか!

目的のボックスアートにちゃんとなってますね!
しかも油絵の具の塗装ですか?考えた事もなかった。
画材は一式持っていてキャンバスには描いた事はあっても模型に使った事はなかったですね。
こんど使ってみようかな?
乾燥には結構時間か借りますよね?

名前間違えてました。

昔少しかじっただけで絵描きではないですよm(_ _)m

No title

>koookiさん。


そうですね。

ブレンドできることが油絵の具の強みです。

塗って物足りない時には、赤等の原色を筆ですくって、プラの上で直接コチョコチョーとやってブレンドできちゃいます。

乾くのに二日はかかるのでできる芸当ですね。

プラカラーだと一番遅乾性のエナメルでも塗ったそばから表面乾きはじめてますもんね。

1/144オージェはたしかに名作でした。
作りながら確信しました!
可動部も、パーツの分割も少ないかわりにフォルムが美しい、ガレキ的アプローチの大人なキットです。

でも当時の子どもはブーイングだったでしょうね(笑)

たくさん動いてナンボの価値観ですからね。

No title

>kasamiさん。

確かに、ウォッシングやフィルタリングに似ていますね。

・・・うん、確かに似ていますよ(笑)

同じようなことを、うすめ液で薄めずにやっているようなもんですね。



最終仕上げ用に購入するのもありですよね。

特に最近は他にもチッピングだのドッティングだのフィルタリングだのカラーモジュレーシュンだの色々な技法があって面白そうです。

No title

>kamisaさん。


でたー!

ホンモノの油絵描きさんだ!!

僕はプラモにしか油絵の具を塗ったことがないモグリですよんw


昔からミリタリーフィギアの、しかも顔だけに油絵の具を使うのが不思議だったんです。
顔に塗れるなら、体も塗れるのでは?
フィギアに塗れるなら戦車にも塗れんじゃない?
同じプラスチックだべ?
で、やってみたら塗れたぞ、とw


画材一式お持ちでしたらぜひ試してみてください。
基本的にカンバスに描くのと同じ方法で大丈夫です。
(僕は油絵の入門書を読みながらぬりました。)

※ペインティングオイルだけ要注意です。
伸びがよくなりすぎて、プラモの上にボテボテに乗っかってしまいます。
僕はチューブ直出しの固いままで塗っています。

No title

プラモにも油彩が使えるんですね。
こんなに迫力がある仕上がりになるのはやはり修練が必要なんだと思うんですが、
塗装はプラモ用塗料という先入観と言うか思い込みは世界を狭めるんだなあと思い知らされました。
サーベルの表現もリアルですね。

No title

>すけきよさん、、、じゃなくてボブさん(笑)

修練だなんて、そんな。
お気楽にやってますよ。
油絵の具は乾くのが遅いので、失敗しても最悪ディッシュで拭ってなかったことにできるので気が楽です。
プラカラーは一筆ごとに一発勝負なんで、そっちのほうがしんどいです。


サーベルは我ながら良くひらめいたと自画自賛しています。(笑)
0.2ミリの真鍮線に黒瞬着をのせて作ったんですよ。

No title

この塗りは私の目標の一つですw

全写真保存させていただきました~!

私も油絵具はいいマテリアルだと思います~。

でもヤスさんみたいに昇華できるかはまた別問題でしてw

今までやったことがあるのはラッカー塗装後の味付け程度なんです。

いつの日かオール油でしあげてみたいな~と思ってます~。

また一つ目標になる模型を見せていただき、ありがとうございました!

お疲れ様でした

No title

>いけぽんさん。

いやいや(汗)
ほんとそんな大したものじゃないんですって(汗)

皆さんがほめてくれるので、最初は喜んでいましたが、だんだん申し訳ない気持ちになってきました(泣)

遠いいつかの目標wにしないで、いらない完成プラモにでも試しに塗ってみてくださいよ。
拍子抜けしますから。

油絵の具はプラに食いつかないので、一層目はカラフルなヌルヌルまみれのゴミのようになってしまい、拭き落としたくなりますが、ここで我慢して乾燥させると下地になってくれます。
(ここを乗り越えたことだけは自分でもほめられてよいと思っています プッ)
で、二周目からはもう楽しくて楽しくて脳内麻薬物質でまくりですよー。

ラッカーでむら塗りができる人なら簡単だと思います。
(僕はラッカー塗れない人です(笑))

油絵の具?

こちらは改修無しなんですか。
オージェ、ストレートでいいんですね~。
それは作りたくなります。

ところで油絵の具ってプラ地に乗るんですか。
ボクもやってみようかなぁ。

完成お疲れ様でした!

No title

>HIDE00さん。

そういえば解説には、工作については書いていませんでした(汗)

無改修とはいえないですねー。

このキットは造形はすばらしいですが、この時代のキットの常で、ポーズがしゃっちょこばっています。

飛翔感を出すために、お腹は大幅に延長して同時に後ろに反らしました。

あとは、幅詰/幅増やパテで形状変更といった作業はせずに、関節位置変更でそれらしくしています。



油絵の具はのるというか、無理やりのせるというか。

一回目はヌルヌルすべってあまりのってくれません。
それでも構わず乾かせば、二回目以降は、一回目の塗りが取っ掛かりになってくれます。

油絵の具、楽しいですよ。(^^)dぜひお試しください。

あああ

オージェですねぇこれ劇中でもかなり好きで、いつかは
作りたいと思っておりました^^
しかし油絵の具かぁ~。今だに油絵をやっていた頃を思い出しました。当時は好き勝手やってましたが、コレを拝見すると模型にもいけるもんなんですナァ。目から鱗です。実に深い色味で、ラッカーでは難しい明暗と奥行を感じる表現が出来るもんですねぇ^^お見事です!

No title

>akicyanさん。

オージェはロボデザイン史に残る傑作デザインだとおもうんですよねー。


油絵経験者さんですか。
そういうひとから誉められるとことさらに嬉しいです。

プラモに塗ってみたきっかけは、上のほうでコメントさせていただいた、ミリタリーフィギアに塗れるなら~というのが一つと、トールペイントという、木やガラスに油絵の具やアクリルを塗るというホビーがあると知ったのがもう一つ。

有閑マダムがやるような趣味ですねw


経験者さんなら油絵の具というのが、相当好き放題できる画材だとご存じだと思います。

ぜひお試しくださいませ。

No title

「油絵の具をプラモに使う」なんて、
きっと一生思いつかないです。
塗装技術の高い方が多くて勉強になります。
素晴らしいオージェです。

No title

>レオさん。

技術を誉められると心苦しいのですが、
油絵の具を使うという事を思いついたという点は、誉められるとすなおに嬉しいですね。

模型の世界ってこういうコロンブスの卵なアイデアがちょくちょく発見されるのがおもしろいです。

酒餅もコロンブスの卵ですねー。

筆塗りのきわみ

塗装が半端なくすごいですね!
塗り重ねられた色と筆のタッチが絵画的です。
キットってこんなにカッコよかったっけ?
と、思ってしまう逸品。
お疲れ様でした!

No title

>エムロボさん。

絵画的とのこと、ありがとうございます!

もっとも油絵の具で塗っていれば自動的に絵画っぽくなっちゃうんですけどねw

プラカラーってようはペンキなのでムラなく塗れるように調合していると思います。
裏をかえせばムラを作りずらい。
それをなんとか突き崩して絵画的塗装をしているモデラーさんがたのほうが凄いです。

おつかれさまです

私も絵画的だと思いましたよ~

HMがキンキラキンと誰が言った、と~

オージェも金にあらずと、箱絵も金ぢゃないですものね(笑)

しかも金に見えてくるという不思議さ

固定に仕上げられてるのが、すごくテーマ性を感じます、なにより作品が安定してて見えます、これはスゴイことです。

みなさん旧なキットをブラッシュアップされてるんで、各作品の旧なプラモがめっちゃ出来が良く見えるんです、すごい集まりですね。

皆さん切り口が違うんで、それぞれ見てて飽きませんね、こりゃ~

No title

>kopannさん。

自分では全然金色には見えないなと思っていたけど、そういってもらえると、だんだん見えてきたかもw

えー、まじめに答えると、落ち葉(黄葉)を参考にしてます。
落ち葉をまねして赤や緑をところどころに置いてみました。


酒餅は、みんな好き勝手に作っているんだけど、作品一覧の画像をみると、ちゃんと統一性があるという不思議なコンペですよね。

No title

ヤスさま、始めまして!

落ち着いた色のオージェに、驚きの塗装方法が隠れていたんですね!?
油絵の具というのは、興味はあってもちょっとハードルの高い画材というイメージがあり、学生時代にもとうとう手を出すことなく終わった画材です。
それをまさかプラモの塗装で目にするとは思いもしませんでした(驚)。

私は、塗装の重ね塗りが苦手で、冬季迷彩だとか、油汚れだとか、表現したくても出来ない物が多いので是非挑戦させていただきます。製作お疲れ様でした^^

No title

>Orichaさん。

こちらこそはじめまして!
そうなんですよね。敷居が高いイメージがありますよね。

このイメージのおかげで皆さんからスゴイスゴイいわれてすっかり天狗になっております(笑)

使ってみたらあくまで『イメージ』だったんですけどね(笑)

もちろん極めようとすればとても深い世界なんでしょうけど、敷居はむしろ低くて最初からそれなりに塗れちゃいます。

挑戦してみますか!
ぜひ!

面白いですよー!

あぁ、やってしまった・・・滝汗)

どもっす・・・コメントしたつもりが・・・忘れていたようです・・・申し訳ない。


何度も直接メールしてますが、やっぱり塗りが半端なくかっこいい。
「漢」を感じずにはいられない。

奥行き、質感・・・・どれをとっても真似できない、ヤスさんの個性にもうなってますよね。

自分自身はいろんな表現方法ができないか模索中です。
鏡面塗装、ウェザリング、そして綺麗塗装。もっと筆塗りもやってみたいことあるんすけど、なかなか進まないのが現状。


自己研鑽

すごく好きな言葉です。

自分の技術を磨かないと生きていけない業界にいるので、なかなか難しい問題ですけど、できると充実感ありますし。



・・・あ、真面目なコメントw

楽しく作られたのがひしひしと伝わるので、またいっしょにぐだりましょー。

3位おめでとうございます!!いいなぁ・・・酒ますw

No Title

>たーちゃん
ありがとうございます!
僕もコメントもらった気になってましたよ。
ていうかもらってますものね、ここじゃないだけで、ブログとかメールとかw

塗装は、他の方々のコメの返信でも書いていますが、油絵の具で塗れば勝手にこうなるというレベルなんで心苦しいですわw

今回三位を頂けてトライする人が現れるのか楽しみでもあり、怖くもあり。
(メッキがはがれるからw)
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる