4)七一致<バンダイ 1/144 グルーン>

07_04_01.jpg

寂しがり屋のくせに人疲れしやすくて人間関係がなかなか広がらない七一致と申します。
ツイッター上で皆様が大変楽しそうになさっているのでつい私も加わりたくなってしまいました。
初参加です。

07_04_02.jpg

手元に古い積みキットなど一つも無くとにかく酒餅に参加したいという気持ちだけで
中古ショップで1時間粘って選んだのがこの1/144グルーンでありました。

放送当時にもヘビーメタルのキットはたくさんこさえましたがグルーンの頃になると
さすがに飽きていたり乗り手がヒステリーの姐さんだったりでパスしてしまっていたのですが、
今回こさえてみるとこれはもう秀作としか言いようのない良キットでありました。

07_04_03.jpg

30年前のキットを今更レビューしてもしようがないので細かいことは省きますが
大雑把にはヒザ以外の関節を各種最新パーツに交換したり尖ってないところは嫌味のない程度に
尖らせたりさすがにこれはちょっという素抜けの足の裏なんかは手をかけて直したという程度です。

本体は関節部さえ何とかすればあとはもう一切いじらなくても良いくらいです。
他にもちょこちょこいじったところもあるにはありますがまあ大したことないです。
ああ、武器はあんまり小さかったので新造しました。これはやっといて良かったですね。

07_04_04.jpg

それより塗装です。
普段はエアブラシ派で細かい場所で筆塗りの方がラクでもわざわざマスキングして吹いちゃう方なのですが
レギュレーションで筆塗り上等とあるので今回は黒の下塗りだけ吹き付けて
あとはなぜか所持していた「松本州平のドライブラシ」を用いてひたすらドライブラシで仕上げました。

ドライブラシなんて15年以上前に1/100∀ガンダムの盾の裏に施しただけしか経験が無くて
今回ただただ部品の表面を筆の先端でポンポンポンポンポン…と叩き続けるのは大変じれったく
時間と根気を要する作業でありました。

でっかい戦車とかでこれをひたすらやり続けるスケール物モデラーの方、本気で敬服します。
まあやっただけのことはあって狙っていた鋳物の鎧みたいなテクスチャーは表現できたと思うので
結果オーライではあります。なお塗料は全部Mr.カラーです。

07_04_05.jpg

私は量産力に非常に劣るモデラーなので旧キットどころか新キットすらもそんなに組まず、
それゆえに今回も新旧という偏見無く作ることが出来ました。
と言うか最近のキットの方が隙が無さ過ぎてキットに作らされているというか「改造すると死ぬでぇ」と
すごまれているみたいな気持ちになることすらあるので気楽にやれたのは本当に良かったです。

このような機会をいただけたことは誠に有難く嬉しいことでした。感謝申し上げます。

07_04_06.jpg

酒ですが私は下戸に等しく家飲みはまったくしませんし、たまに飲み会に呼ばれて参加すると
飲めないくせに調子に乗ってガバガバ飲んでぶっ倒れるわ、まとめて戻すわ、
果ては電車内で倒れて電車を止めたという黒歴史まであるので今回も呑みに関しては自粛させていただきました。
レギュレーションには反しますがあしからずご了承下さい。

ただ気がとがめて菓子作りに使って残っていたブランデーをちょっとだけ舐めたことはあったので
それで勘弁していただければと思います。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

酒餅のお手本みたいです。

ツボを押さえた丁寧な作業と、筆塗りの仕上げで、色味も質感もすごく雰囲気のある作品だと思います。
グルーンはHMの中では好きな機体なので、いつかは作りたいなと思いつつもう数十年。また、作りたくなってきました。

ドライブラシですか・・・

ドライブラシで仕上げるとは…恐れ入りました。
こんな深みのある仕上がりになるんですね。勉強になります。

最近のキットの方が隙が無さ過ぎてキットに作らされているというか「改造すると死ぬでぇ」とすごまれているみたいな気持ちになる・・・
ですよね。私も旧キットのほうが気楽で楽しめます。
新しいのは畳と女房だけでいいですわ。

とめぞう様

コメントありがとうございます。キットの素性が本当に良いのとキット同梱のアニメ設定資料に大いに助けられて工作に集中できました。慣れないドライブラシ塗装には手間がかかりましたが作業中に方針を見失って迷走することもなく狙い通りの仕上がりにできたのには本人も喜んでいます。

毛むくじゃらおやじ様

コメントありがとうございます。ドライブラシは各色とも黒色の上に濃いの、普通の、白っぽいの、の三段階でかけてみました。やり過ぎて下地が出たり狭い所に筆が入らなかったり失敗もありましたが効果は十分で自分的には満足です。でも毎回これはしんどいかも(笑)です。

最新のキットでも安手の物はそれなりにスキを残して?くれている物もあるみたいですが、高額で行き届いている物ほど作り手が勝手を出来る余地が少ないのはある意味当然とはいえ何だか皮肉です。

自作武器が効いてる!

グルーンは本放送時に作りました。こんなにかっこよかったかなあ? 手持ちの武器がショボかったので自作されたのはすごく効いてると思います。色もかっこいい!

ふれでお様

コメントありがとうございます。仮組みした時点で申し分ないと思いましたが関節が思った方向に動くようにしたことで更に印象が変わったと思います。当時のキットも本当に侮れません。
色は単純なもので濃い青→ネービーブルー、薄い青→ミディアムブルー、茶色→マホガニー、等と30年前にヘビーメタルと言わずアニメキットにはこの色を使っときゃ間違いないと思っていた色をそのまま白と黒で濃淡を付けて使いました。自分でも良い感じになったと思いますが計算して出した色味ではないので褒めて頂いてちょっと気恥ずかしい感じでもあります。

シブいっすねぇ

今回はネタも塗装もシブい方が多いですが、ピカイチですね。
(シブいのにピカイチってのも変か…)
A級ヘビーメタルはピカピカなイメージがあって放映当時メタリック
で塗って作ったことがあるんですが、こんな感じも味があって
素晴らしいものですね。
いいものを見せていただきました。お疲れさまでした。

gack様

コメントありがとうございます。ピカイチなんて、そんなお恥ずかしい。
最初から計算ずくでこんな仕上げにできたのなら良かったのですが
実際は慣れない作業を具合を見ながらどうにかこうにかやっつけた感じですし。
これでちょっとは技術の引き出しが増えたなら良いんですが。

当時のHMの今で言うキャンディ塗装はMAX渡辺氏の影響が大きかったの
でしょうね。A級はメタリック、B級やマシンナリィはつや消しみたいな区別も
誰にも分かりやすかったです。

No title

グルーンかっこいいですね~!

実はエルガイムシリーズで一番好きなHMだったりします。

リアルタイム当時、このキットは2つ買って、1つは普通に作るつもりで、もう1つを金属の彫像風にしよう!と思い立って、当時まだ出てまもないこすって銀さんを塗って古布で必死こいて磨いてた記憶があります。
まだきっちり合わせ目消して表面整えるスキルも無くて、適当にやってたせいもあって、途中で飽きてそのままジャンクになっちゃいましたがw

丁寧な工作と、ドライブラシのタッチでイラスト調の塗装が決まってて素晴らしいです。

製作お疲れ様でした。

アイラ様

グルーンは中身がみっちり詰まってる感じがフレーム構造が強調されて
手足の細長いイメージの初期のHMと雰囲気が違ってると感じますが、
その辺をキットはよく表現できていると思います。

技術が有っても無くても「こういうのが作りたい!」っていう気持ちが
宝物ですよね。それがあるかないかで作っている時の楽しさが違いますし。

No title

私の地味なストタコにコメントありがとうございまいた。
グルーン・・HMにしてはなんとなく華やかさに欠ける素材な気もしますがキットの出来は旧HMキットの中でも1・2を争う出来な気がします。
気がするというのは在庫として数十年以上所持しながら未だにHMの完成品を1個しか完成させてないからw

私もツイッター歴は長い方なんですがどうも数多のモデラーさんたちの中に溶け込めず、どっちかというと人付き合いが苦手なほうで、こういうコンペのようなものは助かります。
山の中での生活を好んでも、たまに街に降りてみたくなる心境とでもいいますか・・・
あと、ツイッター拝見しました。洋食のコックを13年やってたのでオムレツコレクションwwツボりましたw
僕は玉子の下味は麺つゆと砂糖でやりますねぇwww

オミナオシ様

ご見解には共感できることが多いです。どこか一方に振り切るのも大変でしょうが
最適なバランスをとり続けようとするのもそれはそれで大変です。

私はいい歳になってから調理師専門学校に通ったのですが実習/試験のオムレツが
うまく作れなくて悔しくて、卒業後調理の仕事に就くことはなかったものの
オムレツだけは作り続けています。もう全然上手くなりませんが。(敢えてここで
模型でなくオムレツの話(笑))

No title

HMは関節が貧弱なうえ、デザイン上も最近のマテリアルに置き換え
し難いアイテムですよね。
グルーンは出来が良い方だったと記憶してますが、それでもしっかり
した立ちポーズにアクションが取れているのはスゴイです。
塗装もHMだからってピカピカ、ツヤ有仕上げに拘る必要なし。
ドライブブラシも良いもんですね。

みりん様

今はいろんなメーカーからたくさんの改造用パーツが出ていますから関節改造は
これらに大いに助けられました。ただ詰めが甘くてせっかく改造したのに
破損や塗装ハゲが恐くて動かせないというへなちょこな部分もあちこちに
あったりします(笑)。仕上げはA級HMの中でも普及機っぽいイメージ(失礼)の
グルーンのキャラクターだからこうできた感じです。オージェやエルガイム
だったらムリでしたね。

ドライブラシすごい

グルーン、私も30年ほど昔に仮組したままのキットが
そのまま眠っております。

たしかにキットの出来は格好いいんですよね。
それにしてもドライブラシによる塗装が素晴らしい。

色調も統一されててすばらしい作品です。

お疲れさまでした。

shisho_30様

ドライブラシというかひたすらポンポン塗りはほとんど初めてですし手間が
かかってどうもと思っていたのですが、過去の回も含めて酒餅の諸作品を拝見
していると私が今回かけた手間など手間のうちにも入らないと反省しきりです。
色は全体に彩度が低いのと艶消しでしっかりコートしたのが効いているのかなと
思います。実は黄色は最初金色で塗ったのですが明らかに浮いてしまって
ダメだったので塗り直したものだったりします。

TNCのとめぞう部長と

「今回の酒餅で一番上手いのは彼だよね」と話していたぐらいのグルーン。

とかくHMというと金属質に走りそうなトコロをドライブラシでマットに仕上げるあたり、
確かな技術と卓越したセンスの裏打ちを感じます。
面倒なことを「面倒臭い」と投げないアタリも、上級のメンタルをお持ちなんでしょう、きっとw

Toshiki様

もったいない、身にあまるお言葉です。
せっかくたくさんの方に見てもらえる機会なのだから自分で後悔するような
ものにはすまいと自分なりにやれるだけをやってみました。
一目で見る人の心を掴むような作家的なもの作りをできるセンスを持たない私に
できることはせいぜい丁寧にこさえようと心がけることくらいです。
皆さんに見てもらって、楽しんでもらったり喜んでもらえればこさえた甲斐が
あったというものです。

ところで、根気は置くとしてメンタルは絹ごし豆腐並みです…。

No title

七一致さん、完成お疲れ様でした。
グルーンて昔作ったのですが、こんなにカッコよくはできなかった気がします。細かい積み重ねが大事なのですね。
手の指が表情が出ていて、好きです。
今後ともよろしくお願いします。

ants様

細かいところにご注目ありがとうございます。A級HMの特徴の一つのあの革手袋の
ような手。永野氏のHMの設定画には手首から先にさりげない演技をさせている
画が結構あったなーという記憶もあってこうなりました。
HMでもオーラバトラーでも一風変わったロボやメカはこういう地味なところにも
個性があったりしますね。

No title

今回は私の拙作にコメントをいただきありがとうございました。

酒餅初参加およびとめぞう賞受賞おめでとうございます。

バンダイのエルガイムシリーズは、後のZガンダムシリーズにつながる傑作キット揃いということを以前から聞いていましたが、今回の作品でその傑作ぶりを再認識させられました。

ドライブラシによる基本色表現も、ラッカー系ながらきめの細かい柔らかいタッチになっていて、複合素材的な素材感を出す効果が出ていて良かったです。

製作ご苦労様でした。

kongdra様

コメントありがとうございます。
経験は無いも同然のドライブラシ作業でしたが効果的な仕上がりに出来て良かったです。
こうすればこうなるだろうというような狙いはありましたが実際的な仕上がりは結果的に
こうなったという面もあって、次に別のアイテムで別の色で同じことをやって同じ仕上がりを
狙えるかというとちょっと心配もあったりします。でもその都度その都度目の前の品物を見て
悩みながらやっていくのも作品作りというものなのかもしれませんね。
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる