スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

58)アイラ<マーク 1/280 逆転王>

6_58_1.jpg

お世話になります、アイラです。前回に引き続き参戦させて頂きました。

待ちに待ってた出番が来たぜ!と、勢い込んでエントリーしたものの、
いざ仮組みしてみたらあまりにアレなキットの出来にテンションだだ下がりでなかなか手をつけられず、
実際に工作に入ったのが9月に入ってからだった事もあり、今回ロスタイムギリギリの提出となってしまいました。

6_58_2.jpg

さて逆転王です。
タイムボカンシリーズの6作目「逆転イッパツマン」に登場する前半の主役ロボで、
タイムリース社の輸送メカ、トッキュウザウルスから本体部分が分離・変形し、
イッパツマンを乗せて飛来した小型飛行機ダンガンヘッド号が頭部に合体して完成するスーパーロボットです。
まぁこのあたりの設定は、酒餅に参加されてるおっさん諸兄ならご存知とは思いますが…。

6_58_3.jpg

キットはマーク社より大中小の3サイズ発売されたうちの中サイズ、当時定価300円の物です。
これがまー、仮組みしてみたら変にディフォルメされたかの様な凄まじい出来でw

6_58_4.jpg

どこをどうやってもカッコ良くなりそうにない形状に、数ヶ月途方に暮れて放置してしまったのですが、
9月に入っていよいよ尻に火がついて、ようやく手を入れ始められました。
酒餅のレギュを遵守する事を考えたら、現行のカッコイイプラモとのミキシングはNGだと個人的に思ったので、
あとそもそも現行のガンプラほとんど持ってないので、素直にキットベースで製作する事に。
明らかに形状のおかしいパーツを切除してプラ板で一部新造した以外、実は元キットの部品を大半そのまま使用してます。

6_58_5.jpg

前後貼りあわせの2パーツだけの頭部の前面パーツを6分割してみたりとか、
頭の悪い手数を増やしまくったりもしましたが、どうにかこうにか元キットの部品を活かしつつ、
ある程度自分の思った形に仕上げられたかな、と思います。

6_58_7.jpg

ビフォーアフターの写真を比べるとかなり変わってる様に見えますが、
元のキットから取り除いたのが腹周りと首、手首とパンチ発射ギミックぐらいなので、
実質9割はキットのまま、と考えればほぼ素組みみたいなものと言っても差し支えないんじゃないでしょうかw

ロスタイムの当初締切間際の時点でどうにか完成したのが本体のみで、今回武装は落とそうかとも思ったんですが、
幸い?締切が延長されたので、キットの小さすぎるシールドは手を入れる時間がさすがに無いので
大サイズの800円キットをグリップ周辺だけ手直ししてそのまま流用しました。
武器の正義刀はキットのままだと短かったので、2箇所切断してプラ板でトータル15ミリぐらい延長したんですが、
これが継ぎ目の処理をしてる最中に繰り返し接着面で折れまくり、最終相当雑な状態のままになってしまいました。
ここはいずれ作り直さねば。
大サイズのを流用できれば良かったんですが、こっちは今度は大きすぎて…。
本来劇中で一番使ってたイメージのある魔伸棒はキットには付属せず、当初自作を考えてたんですが時間が無くて断念。あと劇中では出てた覚えの無い謎のピストルも付属してましたが、形状がおかしすぎたのでそれは見なかったことにしました。

6_58_6.jpg

元のキットでは、同じ価格で出てたリリーフドンと合体する事で、劇中のようにトッキュウザウルス状態も
再現できる様になってたので、今回ロボ形態固定で作ってしまって、せっかく合わせて積んでるリリーフドンを無駄にするのも心苦しかったので、無駄に変形ギミックを一部再現してます。
太もも取り外しと、背中のブースターユニット下部のスラスター部品はネオジム磁石による取り付けに変更してますがw
変形再現の都合で、背中のランドセルをオリジナル解釈でクランク式に可動する物を自作してるのですが、見栄えと設定画に近づける事を考えて元キットから流用したランドセルと選択式にしてあります。
リリーフドンの製作と、トッキュウザウルス形態の完成はまたいずれ、になりますがw

自業自得で時間が無かった為、いろいろ各部粗いんですが、とりあえず当初考えていた完成形にそれなりに近い状態に持ってこられたと思います。

今回も、楽しいコンペに参加させていただきありがとうございました。

来年の酒餅7も楽しみにしております。

PS.余談ですが、9月中旬に受けた健康診断で、人生で初めて肝機能で要再検査が出てしまいました。
酒餅との関連があるのか、気になるところですw

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 

待ってました~w。

マッシブでカッコ良くなりましたね。

ちゃんと変形するところもいいですね。

お疲れ様でした。

No title

♪正義~とは~、宇宙~さえも、恐れぬ~・・・

と、おもわずBGMを口ずさみたくなるじゃないですか(~o~)
すばらしい!プロポーション、カラーリング、ともにヒーローロボットの王道です\(^o^)/ ここはぜひリリーフドンを完成させて、BGM付きの完全変形動画を見せていただきたいものです!(笑)
お疲れ様でした。

懐かしいですね~

イッパツマンはギャグもありましたがどちらかと言うとシリアスよりな展開だったようなそうじゃなかったような(^_^;
でも当時はよく見てました。

それにしても何とも言えない元の状態からここまでカッコよく出来るなんて凄いなぁと思いました。

しかも変形までなんて(°д°)スゴーイ
とても良いものを拝見させて頂きました~

No title

製作お疲れ様です。
実は逆転王のキットが有ること自体知りませんでした。
写真を見て「いいキットじゃん」と思ってビフォーを見たら驚愕です。
本当にお疲れ様でした。

No title

お疲れ様です。

変形まで考えた改造は見事ですね。
来年?のリリーフドンとの共演を期待しています。

No title

逆転王のプラモが存在してる事を初めて知りました。
う~ん、逆転イッパツマン見てたはずなのに覚えてない・・・

工作は素の状態と比べると別物になってますね。
しかもミキシング無しとはおそるべし!

どうぞ肝臓を大切にしてあげて下さい!
お疲れ様でした。

立ちポーズもがっちり決まってカッコいいです!ガンプラ使わないところがアイラさんのこだわり。脱帽です。
自分もタツノコ系(というか大河原系になっちゃうのか💧)メカ作ってみたいです!
完成お疲れ様でした。

正解スタイリング

ガンプラやダンバインの旧キットと比べて、80年代その他ロボキットのリファインモデリングは「正解」が無いので手探り感が面白いですよね。苦労も多いけど。
なので、アイラさんの逆転王はこれぞ正解という説得力があります。
個人的な好みだと、黄色はもう少しオレンジ寄りに、黒はブルーグレー寄りに一段明るめ色味がよりヒーローロボぽいと感じました。(撮影環境で色調が暗めなんですかね)

No title

ビフォーアフターの写真を比べて「全然別物じゃんwww」とか思ったんですが、よく見ると元のパーツが結構残っていて逆にびっくりですwww
リリーフドンと完全変形トッキュウザウルスを拝める日が、今から楽しみでなりません\(^o^)/

カッコイイです。

良いですね。
ここまでバランスが良くなると本当にカッコイイです。
特急ザウルスになった姿も見てみたいです。

まさにスーパーロボット立ち!

2枚目の画像の立ち姿、痺れますわ~♪
楯は大きくて大正解ですね!かっこいいです!!
ほんとビフォーアフターで別物に化けてますが、パーツはそのままなんですね!

変形までするなんて、感動すら覚えます。

凄いです!お疲れ様でした!

No title

これは、トンデモナイ労力…

よくぞここまで!!工作もさることながら塗り分けも大変だったのでは無いでしょうか?

ハイレベルな仕上がりに驚愕です!! お疲れ様でした(=゚ω゚)ノ

No title

めちゃかっこいい逆転王!キット9割なんて思えない出来に感服です。さぞかし大変だったことでしょう。リリーフドンとトッキュウザウルス形態がいまからとても楽しみです。

No title

>RITOKATAさん
コメントありがとうございます。
当初仮組みした時はどうしたもんかと途方に暮れたんですが、どうにか思った方向でアップデートできて良かったです。
そう遠くないうちにリリーフドンも製作したいなぁと思ってはいるんですが、こいつとのすり合わせ含めて大工事になりそうですw


>天人さん
コメントありがとうございます。
製作中は自分で嗚呼!逆転王を熱唱しながら作業してましたよw
リリーフドン、なんとかそう遠くないうちに作ってやりたいとは思ってますが、こちらを伸ばしすぎてる分、胴体のすり合わせがかなり大変そうです。


>たまさん
コメントありがとうございます。
タイムボカンシリーズ中でも、シリアスな場面も多い正統派ヒーロー物でもありましたね~。
元の状態がかなり潰れた様なトホホ状態だったんですが、最初に頭を刻んでそこそこイメージ通りに直せたんで、どうにかモチベ高めて維持できました。

No title

>スノットさん
コメントありがとうございます。
この時期、もうバンダイ一強の様なキャラクターキット界で、イマイ、アオシマ、アリイが頑張ってる一方でマークやエルエスみたいな中小メーカーも頑張っていろいろ出してたんですけどね~。いかんせん会社規模もあってそんなに生産数は無かったでしょうし、結局数年後には倒産しちゃってるしw
当然再販もされないので、現存数も少なく知らない人が多くなってしまってますね。


>イリコ・キューピーさん
コメントありがとうございます。
リリーフドンは、是非そう遠くないうちに作りたいとは思ってるんですが、胴体を結構伸ばしちゃってるので、合体時のすり合わせが大変そうです。


>ヒゲヅラーさん
コメントありがとうございます。
イッパツマンの放送当時だと、ガンプラブームが一時よりはやや落ち着いてはきたものの、MSV展開が始まったりしてまだまだ元気でしたからね~。模型屋さんでもどうしてもガンダムや他のサンライズ作品のプラモほどは仕入れて貰えなかったでしょうし、同世代でも知らない人は多いみたいですね。
貧乏性で他のプラモを潰せないんで、ミキシングできない病なんですw

No title

>ざっしゅさん
コメントありがとうございます。
ガンプラ使わないのがこだわりと言うか、実は単にガンプラ持ってないだけなんですけどね~ww
我が家にあるガンプラは基本的に旧キットだけなんで、ミキシングしても使い道が無いというかw
大河原メカは、ある程度同じイメージで作れるんですが、それ以外のタツノコメカもいつか作ってみたいですね。


>ソラキオさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり正解が無いので、作る人それぞれで、自分の正解を求められるところが古いキットの醍醐味ですね。
カラーリング、動画サイトなんかで当時の映像を見ると確かに黄色がもっとオレンジがかってる場合も多いんですよねー。出来合いのミスターカラーのイエロー系も実際もっと赤味の強いのが多いですしね。
黒部分はネービーブルー系にするか、実は少し悩んだんですが、パッケージイラストがはっきり黒だったので、半光沢の黒にしました。


>ぱすてるあらいぐまさん
コメントありがとうございます。
実は案外そのままキットの部品使ってはいるんですよw
自分のイメージで、足りない部分を補ってちょっと関節の取り付けタイミングを変えてやるだけで、この時期のキットは結構大きくイメージが変わるので、それが楽しくて古いキットばかり作ってる感じですw

No title

>kamasaさん
コメントありがとうございます。
自分が模型に出戻ってから旧キットばかり作る様になっての、目標というか、ネットで見て憧れて目指したいと思ったのがkamasa師匠のザブングルやToshikiさんの可変バルキリーの様なアップデート製作スタイルなんです。
どうにか少しでも近づけてればいいなぁ、とw
リリーフドン作ってトッキュウザウルスに合体させるのも、そう遠くないうちになんとかしたいですね。


>やんぴょうさん
コメントありがとうございます。
実は結構面倒くさがり+老眼で細かい作業が辛い、という事もあって、最近はいかに手数をへらしつつ、パッと見てカッコよく見える様に誤魔化すか、がモデリングのテーマなんですw
全体酷く見えても、パーツ単位だと案外そう悪くない部品もあるので…w


>大佐さん
コメントありがとうございます。
頭部が何とかイメージ通りに出来て、だいたいどうすればバランスよくなるか、のプランが出来て以降はそれほど大変な工作では無かったんですが、そこにいたるまでが毎晩パーツを手に持ってあれこれ試行錯誤してましたね~。
塗装は、以前アクロバンチとかゴライオンとか作った時と比べると色が少ないんで、このぐらいならまだまだなんとかw


>shisho_30さん
コメントありがとうございます。
キットパーツは、なるべく活かす、がモットーというか、基本貧乏性でパーツ捨てるのがもったいないからこんなんになってる感じですねw
リリーフドン、先にこっちだけ作った分すり合わせが大変そうなんですが、来年の酒餅までぐらいにはなんとかしたいですねw

No title

マークのキットを ここまで仕上げると すごいですねー

スタイリッシュなのに 変形もできるなんて・・

素晴らしいです。

No title

キットがあるなんて知らなかったです。
昔の棒立ちキットがここまで可動してアニメで見たのと同じ多彩なポーズがとれるなんて驚きです。

大変な改修だったと思いますが製作お疲れ様でした。

No title

大河原メカの中でも印象深い、逆転王のカッコイイ姿をこの酒餅で見られて良かったです。

80年代キットが好きな者としましては、「逆転王」のキットのことは耳にしています(当時は購入・製作しませんでしたけど)が、ここまでアニメの雰囲気を思い出させる作例にできるとは意外でした。

今回ロボット形態重視としていながらも、合体のこともお忘れていない姿勢は、どこか大切なものを思い返させてくれるような気がいたします。トッキュウザウルスバージョンもいつか拝見できることを楽しみにしています。

今年タイムボカンシリーズの新作『タイムボカン24』が放映された節目に(本編での主役メカの人型形態バージョンには"王"とつくこともありまして)このような素晴らしい作品を見られて良かったかと思います。

製作お疲れ様でした。

No title

>黒猫qooさん
コメントありがとうございます。
80年代のマークのキットって、ブライガーとかバクシンガー、ゴーショーグンはまだガンプラブーム以降のある程度アニメ準拠な可動モデルになってるんですが、タイムボカンシリーズのヤットデタマン、イッパツマン関係はスプリングでパンチ発射とかの従来の玩具的アプローチのままなんですよね。
変形は、とりあえず合体形態に出来る様にはしたものの、かなり胴体伸びてるので、リリーフドン側も相当弄らないと合体は大変そうです。


>ノウスさん
コメントありがとうございます。
ガンプラブーム後のマークのキットも、ブライガーやゴーショーグンは今でも結構中古に潤沢に出るんですが、イッパツマンやヤットデタマンは最近は本当見なくなって、もともとの生産数も少なかったのかもですね。ご存じない人も多いみたいです。
久しぶりに大改修でしたが、方針決まってからは楽しんで作業出来ました。


>kongdraさん
コメントありがとうございます。
逆転王、大河原メカの元祖スーパーロボットとして、大巨神と並んで大好きなロボなので、作るからには自分が納得してカッコイイと思える様にせねば、と頑張りました。
タイムボカン24、ネット上では賛否ありますが、今の子供が楽しめるつくりになってて好感が持てます。
欲を言えばメカブトンやボカンメカ各種のプラキットが出て欲しいけど、今時は難しいんだろうなー。
カバヤの食玩プラモに期待ですかね。
オフィシャルパートナー


公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。