35)akicyan<バンダイ 1/144 クァドランロー>

05_35_1.jpg

■1/144クァドランロー

コックピットやらパイロットのミリアやらえらく良くできたキットです。(と思います)

05_35_2.jpg

とにかくポリキャップも使ってないし、挟み込み構造の関節多数、
接着してしまうとあちこち改造もままならなくなる構造多数で作業なかなか進まない(笑)

05_35_3.jpg

個人的にはこういうキットほどやりがいを感じるんですけど、
あんまり気合入れすぎると思ったように出来なかったときのショックが大きいので
ほどほどのテンションで作る方がエエなと言う境地に最近は入りつつあります、そうですあのakicyanです。

05_35_4.jpg

ボックスアートのかっこよさがマクロスキットの一番の魅力だなぁと
毎回作るたびに思うわけですが、このキットもその例に漏れず、
高荷画伯のド迫力の画に圧倒されて世のモデラーの皆さんは作りたくなるわけですねわかりますええ。

05_35_6.jpg

ただ、線の細さというか、ボックスアートを目指すときついだろうなという
うっすらとした予感があったので、そこを遠回りに意識した作品を目指そうと思って作りました。

05_35_5.jpg

今回一番力入れたのはコックピットと、中の人(ミリア)。
とにかく設定が全く分けカワランイラスト1枚のみで、
キットはそれなりに作ってはあるものの、さながら動く壺風呂に浸かってるような状態。

で、あれこれでっちあげながら作りましたよええ、酔っ払いながら(ーω?;

ミリアはTV版のダサいメットが好きく無かったので、
スクラッチで作り直してこの人だけ勝手に劇場版にさせてもらいました。
ちなみに顔はキャラコレの1/20フラウ・ボウの顔を複製しました(笑)いいでしょ別に?

本体カラーは赤いのが嫌いなのでTV版のミリア仕様にさせてもらいました。いいでしょ別に!?

あと、キットのミリアは余っちゃかわいそうだったのでコレもそのままじゃなく
姿勢を変えたりして整備兵っぽいイエローで塗りましたよ、コレが一番楽しかったかも(笑)

塗装はずべて筆で、ほぼシタデルカラーを使ってます。
できるだけ画伯の絵柄というか、そういう雰囲気に合わせつつ、
立体的にうるさくなりすぎないよう気をつけました(もちろん酔っ払いながら)。

そんなわけで、酒のつまみにドッグファイターでも聴きながら眺めていただければ幸いです♪

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やはりヌージャデルガーよりもクァドランローですよね♪

い、いや別にむさい男よりも女がイイという訳ではありませんが(滝汗)

Twitterとホームページで作成過程を拝見させて頂きましたが随所に参考となる所があり勉強させて頂きました♪

それにしても恰好いいです(º∀º)

No title

箱絵と全然ちがう為、ついつい大改造に走っちゃうクァドランですが
塗りとパイロットにこだわると、こんなにカッコ良くなっちゃうんですね。

勉強になります^^

No title

色味もカッコ良いですが、人体とはずれたフォルムがまた魅力的ですね!

恰好いいなあ。

ポイントを押さえた改修といわれてますが
そのポイントを的確にとらえるということが
すごく難しいことなんだと思います。

同じものを作ろうとしても、こうはいかない
だろうなあと思いつつ、作ってみたくなる
のが、80年代キットの不思議っすね。

お疲れさまでした。

中の人が素敵すぎます

キットのイイトコをすごく引き出してますね。

コクピットの中を作りこんでおられて、もうなんかうまい人はこういうところを見せるのだなあと思い、ついつい引き込まれます。

指先がエ●いw

素敵な緑にぶんぶんとテクニック全快になりそうな指先w
メルトランディ搭乗機というだけでこんなにもエ●いとは…
さすが、さりげなく作っても技量とセンスとIDは溢れるものなのですね
堪能致しました

No title

当時、大好きだったクァドランロー!
結局作らずにキットを捨ててしまった。
これも頭の中で考えてるだけで作れない。

的を得た改造でとても良い完成品になってますね。
流石店長!

製作お疲れさまでした。
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる