スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

53)FLY<バンダイ 1/144 ガルバルディβ>

4_53_01.jpg

今をさかのぼること28年前、ボンボン1985年5月号の近藤和久氏画
Zガンダムの扉絵のキャノンパック付きガルバルディβ(以下ガルバルキャノン)が元ネタです。
単行本にも同じ絵が掲載されていますが、連載時のほうがカラーで、細部のディテールがよく確認できます。
今回の製作のために3000円払って買いましたよ。ちょっとした呑み代になりますね。

4_53_02.jpg

カラー画稿のガルバルキャノンは量産型ゲルググ色なんですね。
ガルバルディβをゲルググ色に染めるのは2004年2月号のモデグラでも作例がありましたし、
ネット上でも時々見ます。でもただのゲルググ色じゃつまらない。
ボンボン画稿の配色もちょっと変わっていていいのですが、今回は以前から考えていた 、
量産型ゲルググの緑と灰色を入れ替える配色で塗ってみました。

4_53_03.jpg

量産型ゲルググ色に塗るんで、成形色がグレーのガズR/Lを使いました。
その方が下地塗りしやすいです。追加武装は旧キットゲルググキャノンから流用です。
HGUCよりもキャノンの大きさが程よく合います。3連ランチャーはHGUCより大きめで、
ごてごてした感じが好みでした。

4_53_04.jpg

塗装はアクリルの筆塗りです。ファレホを初めて使ってみました。
臭わず、伸びがよく、混色がしやすいです。でも可動モデルには向かないと思います。
ガンプラなら艦船とかMAとかがいいかもしれません。
このガルバルキャノンも塗ったはいいけど、剥げが怖くて、動かせませんので、
素立ち直立不動のみで悪しからずです。

私B型男子で、 集中すると周りのことが目に入らなくなります。
作業していると妻の声が聞こえなくなります。お酒が置き去りになります。
ながら作業ができないので、製作期間中は夕飯晩酌>作業でした。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、製作のための資料に3000円! スゴい!
カラーリングもシブいですね、量産型ゲルググの配色入れ替えなんですね、違和感ないです(^ω^)
自分も素立ち上等派です(笑) アクションポーズ? あんなの飾りです! 偉い人にはそれがわからんのですよ!( ・`ω・´)

No title

カミソリの竜さん、コメントありがとうございます。そうですね、よく考えるとキットの5倍のお金かかっているんですよね。でも、このレベルのキットが600円で買えるのもすごい話です。素立ち上等同感!ロボは2本足で大地にまっすぐ立ってこそ、です。

カラーリングが

実に普通に、あー、こういうのあったよねーって錯覚しそうな感じが良いですね。
ゲルググの後継機であり、ハイザック運用中のティターンズが使いそうな色味だと思いました。工作も丁寧でかっこいいです!

No title

とめぞうさん、コメントありがとうございます。配色は前々から考えていたものですが、色味は(上手くはまるかどうか)結構悩みました。気に入っていただけたなら嬉しいです。
オフィシャルパートナー


公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。