20)Gnjoy!<バンダイ 1/144 ザクデザートタイプ>




dez1.jpg

「敵機3!、残弾数2・・・!?」




ロッシは焦っていた。




この灼熱の砂漠の中、俺たちの任務はコジマ大隊が占拠している一帯であるアルファ地点に揺動をかけることだった。
揺動だけなら、このティグレ小隊にとっては朝飯前の簡単な任務・・・のはずだった・・・。

dez2.jpg

しかし、今朝は連邦もアルファ地点になぜか部隊を集結しており、
その情報を事前に知らされていなかった俺たちは無惨にも敵の格好の餌食となった。
揺動どころか、一方的な袋叩きに遭い、必死に反撃するも圧倒的な戦力差の前に退却するしかなかった。
作戦は失敗・・・。
サビチェビッチ、ボバンの僚機を失いつつ、無我夢中でたどり着いたのはこのオアシス。
残ったのは、俺一人・・・。

小休止したいが、いつまた連邦の新型が仕掛けてくるかわからない。

dez3.jpg

「連邦の奴らめ、いつのまにあんな陸戦型を配備してたんだ・・・。いくら砂漠局地戦用にチューンナップされているとはいえ、このザクとでは性能がまるで違うじやないか・・・。」

「くっ!残り2発か・・・。確かさっきまで俺を追いかけてきた連邦の新型は3機いたな?」

「どうすりゃいいんだ・・・。俺の悪運もどうやらここまでだな・・・。」

dez4.jpg

その時だ。

「ザワ、ザワ・・・」


俺は大木の木陰に機体を収めていただけのつもりだったが、なんということだ。

周りは猿だらけじゃないか!

「しまった!ここでこいつらに騒がれたら、あいつらに見つかってしまう!」

「頼む、静かにしててくれ・・・」


dez5.jpg


「スッ、トン! トン、トン・・・」


一匹の猿がデザートザクの肩に降りてきた。

何かを伝えたそうにしている・・・。

「ん?!」

「そうか! それだ!」











あれから約半年、一年戦争は終結した。

ロッシは今、猿のキキとともに暮らしている。


dez6.jpg

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさか?

猿と結婚しちゃったんですか!?

ジオラマの設定から急な展開まで好きですw

キットもジオラマも猿ちゃんたちもきっちり作られてて感服いたしました。

No title

ジオラマ設定おもろい!

自作のサルがいいですね。
オリジナル装甲付のデザートザクv-426

No title

流石ですねェ・・・いつもながらのGnjoy節♪

もう完全に自分のワールドをお持ちの様で羨ましい限りです。

バックは木の根ですよね!?コレ、お好きな方にはかなり高額なモノなんじゃないでしょうか(汗





No title

現地改修的な増加装甲カッコいいですねえ!
頭もザクタンクのものに換装してあるんでしょうか。似合ってますねえ。
写真も色々凝っていて、とても見応えがありました(^^

No title

ストーリーが素晴らしいですね!
それに見合う機体の出来もかなりのものw

読む人によってさまざまな展開が予想されるこのストーリーは
優秀!www
Gnjoyさんの素晴らしい一面を拝見させて頂きました^^

No title

このサルを見てると、なぜかファミコンのマザーというゲームを思い出してしまいます。

ザク本体、腿の塗装が好みです!

お疲れ様でした。

No title

ツィンメリットといい装甲の無骨感といい、感無量です。
猿やミサイルのディテールの細かさもスゴイ・・。
そして、このストーリィw

感動をありがとうございました!

No title

製作の詳細が全然記事に書かれてないww

オリジナルの増加装甲とツィメリットコート、塗装に物語があいまって、近藤和久的というか、MS戦記的な、一年戦争のとある兵士の戦いの1つ、と言った世界観が形作られてますね。自分にはそういうセンスが無いので、羨ましいです。

製作お疲れ様でした。

No title

マーキングや増加装甲、ストーリーにやられました。
もちろん、サル達の細かさも見逃せません。
6匹はいますよね?参りました。

サルのキキのアドバイスとはいったい・・・?

お疲れ様でした。

No title

なんかこう、哀愁漂うストーリーですね。

キキは何を伝えたんだろう?
ザクはどうなったんだろう?

色々気になります!

No title

増加装甲やコーティングが良い味出てますねぇ♪
猿が何を教えてくれたのか・・気になる!

No title

肩シールドのマーキングとか、太ももの迷彩とかのセンスがすばらしいですね!
1/144サルの群れ、細かいものをよくまぁこんなに。

ストーリーも気になります。

No title

私、何故か子供の頃持っていた「SFロボットプラモ図鑑」を思い出しました。
プラモのジオラマ写真とキャプションで物語が綴られていたような・・。
(実際はもっと単純なものでしたが)

このページで懐かしくて素敵な時間を味わわせていただきました。
ちょっと感動してしまった。ありがとうございます。


No title

サル。良いですね。
少々オーバースケール感もありますがw、すごく雰囲気出てマス。

No title

いやいやいや何すか!! 
もう完全にストーリーの挿し絵みたいに
なってるじゃないですかww
「そうか! それだ!」
「どれだ??」(笑)

No title

細かい工作をもっと見てみたい。
ジオラマと物語が良い雰囲気を作っていますね。

製作お疲れさまです。

No title

なんと!猿!!

僕もジオラマやりますが、この発想はありませんでした

キットの重機的な改修もいいですねー

最後の1枚に、なにか哀愁をかんじます!

No title

モモが変わった迷彩ですね。

つか、木は本物ですか?!

完成お疲れ様でした!

No title

本体の改造も胸アツなんですが、ベースとストーリーの組み合わせが
たまんないですね。今年も楽しませて頂きました。
小さなサルがまたいいですね。ちなみに何処から連れてきたサルなんでしょうか。
鉄道模型用か何かですか?
動物とMSの対比がとても新鮮でした。
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる