1)ボブ<アリイ 1/76 シャーマン>

皆様こんにちは。

今日も今日とて元気に素組みの定義で揉めたり模型をDISったDISってないで揉めたりしてますか?

そんな殺伐としたモケーギョーカイですが、
酒餅はそんな俗世とはやや離れてなんかゆるゆるな感じがするので大好きです。

前回はロスタイムを使わせてもらっても間に合いませんでしたが、今回は
なんとか、なんとか間に合いまして、これで楽しい祭りに最初から参加できるというものです。

で、今回製作したのは、ザ・アニメージ パート2のシャーマンです。

7_01_01.jpg

7_01_02.jpg

製作としては、ストレート、、、と言いたいのですが流行りのリアル頭身を縮めてSDっぽい体型にするやつで、
SDシャーマンにしてみました。

7_01_03.jpg

頭部はキットのものが小さめなのでプラ板を挟んで前後に30mm、上下に20mm延長し、
砲身は強度を出す為に真鍮管に置き換えました。
一部のパーツはシャーマンつながりでアオシマの1/48シャーマンのパーツを使っています。

胴体カットして20mm短縮、腕はそれぞれカットして30mm短縮しています。
ディテアップにはシャーマンつながりで童友社の1/72シャーマンのパーツを一部使用しました。

バックパックも上下で15mm短縮しました。流用パーツとしてシャーマンつながりで
ニットーの1/35シャーマンを芯にしています。

腕は上腕と前腕でそれぞれ15mm短縮し、関節パーツをABSユニットに置き換えました。
手首はポリパテの塊からの削り出しです。

脚部も上下でそれぞれ25mm短縮したものを複製して使用しました。関節部にはABSユニットを使っています。

7_01_04.jpg

塗装ですが、全て筆塗りです。
グリーン部分は明灰白色5%とウォームホワイト12%、濃緑色84%の割合で混色しています。
グレー部分はモンザレッド14%、ミッドナイトグリーン22%、RLM0721ライトグリーン26.69%、
ダックエッググリーン69%、エアスペリオリティーブルー69%です。
シルバー部分はシタデルのオリハルコンシルバーメディウムを瓶生で塗りました。

7_01_05.jpg

デカールはキットのものが死んでいたのでスキャナで取り込んでプリンタで作り直しています。

製作しながら飲むお酒は、、焼酎を よく飲んでました。
近所のスーパーでさくら白波というのを好んで飲んでたのですが
コレ最近そのスーパーで置かなくなってしまったようで最近売ってません。。
置いてある店を探さなければならないので困ったものだ。

以上です。

7_01_06.jpg

最後に、読んでいて途中で色々おかしいと思った方もいらっしゃるかもしれませんが、
上の文章はほぼ100%妄想とコピペで書いたフィクションです。
実在の模型や制作技法、人物、団体、メーカー、酒の銘柄とは一切関係がありません。
あと、なんかよくわかんないですけど元キットのパーツがめっちゃ余りました。

7_01_07.jpg

今回も楽しいコンペに参加できて感謝です。
ありがとうございました。

| 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

2)はるパパ<バンダイ 1/550 バルディオス>

7_02_01.jpg

酒餅のレギュレーションは 基本的に無改造ということでしたので
キットの外観はいっさいいじらずそのままに、
旧キット特有のモナカ構造利用して遊んでみようとカットモデルに仕上げてみました。

7_02_02.jpg

内部メカは長い年月をかけて溜め込んでいたジャンクパーツ。
その時の気分とノリで辻褄も考えず、適当に組み込んでは接着の繰り返し。
子供の頃、〇〇の秘密 とか雑誌でみるとワクワクしたんですよね。
そんな童心にかえりつつも、途中、霞む老眼にムチ打ちながら必死に詰め込んでなんとか形にできたかと。

7_02_03.jpg
まあ、アップでみてもごまかせるくらいパーツは積み重ねてみたつもりです。

7_02_04.jpg

ついでとばかりに バルシールドもカットモデルに、ベースもノリで組んでみました。

作っている時間はあっという間で楽しかったです。
それでは皆さま よろしくお願いいたします。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

3)たま< アオシマ 1/1200 ガンガ·ルブ>

7_03_02.jpg

酒餅G7運営の皆様及び関係者の皆様お疲れ様です。

今年も無事に酒餅が開催された事をとても嬉しく思っています。
毎年この時期は暑さで死にそうなのですが酒餅があるお陰で
何とか目標をもって生き延びてると言っても過言ではありませんw

今回も昨年同様にアオシマイデプラで挑み、真面目にレギュレーションに従って作成をしましたが
逆にそれが大変だったのではないかと逆に反省していたりしていなかったり…。

7_03_03.jpg

さて昨年はザンザルブでしたので今年は流れ?に乗ってガンガルブを選択。
箱を開け仮組みをするといきなりヒケなのか穴なのか分からない強烈なインパクトが炸裂。

7_03_06.jpg

それでも昨年のザンザルブも似たようなものでしたのでちまちまと穴埋めしつつ進めました。
しかし酔ってると多少のヒケは気にもならず未だにあちこち残っているのですが(苦笑)

そして黒立ち上げからレギュレーションに従って筆塗りでチマチマと塗りあげて完成させたのがこちらになります。
なお塗料はシタデルカラーを100%使用しました。

7_03_05.jpg


アピールポイントはオーメ部分の塗り込みと両サイドにある黒い点々4個です。
特に黒い点々は後から教えて頂いた話だとミサイル発射口だったそうですが
当然キットではなにも凹モールドもなくつるつるでした。
最初は無視しようかと思ってました。しかし結局酔った勢いでプルプルしながら塗装し
結果見事に左右非対称になりました。
どうせならちゃんとピンバイスか何かでモールドを彫れば良かったのですが後の祭りでした。

7_03_04.jpg

しかし重機動メカもこうやって見ると中々カッコイイですね~。
もう少し評価されても良いのではないかなぁと思いました。
まぁ、足が三本だったりなんだり異形感満載なのは間違いないのですけども。

7_03_06.jpg

来年もイデプラにするかどうか。
酒餅はある意味普段は作らないようなキットを選択するよい機会ですので
また楽しくキット選びが出来ればなぁと思います。

あ、ちなみにお酒は主に発泡酒で。
程よく酔えましたw

それでは最後になりますが来年も開催される事を祈りつつ…


酒餅バンザイ!!!

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

4)七一致<バンダイ 1/144 グルーン>

07_04_01.jpg

寂しがり屋のくせに人疲れしやすくて人間関係がなかなか広がらない七一致と申します。
ツイッター上で皆様が大変楽しそうになさっているのでつい私も加わりたくなってしまいました。
初参加です。

07_04_02.jpg

手元に古い積みキットなど一つも無くとにかく酒餅に参加したいという気持ちだけで
中古ショップで1時間粘って選んだのがこの1/144グルーンでありました。

放送当時にもヘビーメタルのキットはたくさんこさえましたがグルーンの頃になると
さすがに飽きていたり乗り手がヒステリーの姐さんだったりでパスしてしまっていたのですが、
今回こさえてみるとこれはもう秀作としか言いようのない良キットでありました。

07_04_03.jpg

30年前のキットを今更レビューしてもしようがないので細かいことは省きますが
大雑把にはヒザ以外の関節を各種最新パーツに交換したり尖ってないところは嫌味のない程度に
尖らせたりさすがにこれはちょっという素抜けの足の裏なんかは手をかけて直したという程度です。

本体は関節部さえ何とかすればあとはもう一切いじらなくても良いくらいです。
他にもちょこちょこいじったところもあるにはありますがまあ大したことないです。
ああ、武器はあんまり小さかったので新造しました。これはやっといて良かったですね。

07_04_04.jpg

それより塗装です。
普段はエアブラシ派で細かい場所で筆塗りの方がラクでもわざわざマスキングして吹いちゃう方なのですが
レギュレーションで筆塗り上等とあるので今回は黒の下塗りだけ吹き付けて
あとはなぜか所持していた「松本州平のドライブラシ」を用いてひたすらドライブラシで仕上げました。

ドライブラシなんて15年以上前に1/100∀ガンダムの盾の裏に施しただけしか経験が無くて
今回ただただ部品の表面を筆の先端でポンポンポンポンポン…と叩き続けるのは大変じれったく
時間と根気を要する作業でありました。

でっかい戦車とかでこれをひたすらやり続けるスケール物モデラーの方、本気で敬服します。
まあやっただけのことはあって狙っていた鋳物の鎧みたいなテクスチャーは表現できたと思うので
結果オーライではあります。なお塗料は全部Mr.カラーです。

07_04_05.jpg

私は量産力に非常に劣るモデラーなので旧キットどころか新キットすらもそんなに組まず、
それゆえに今回も新旧という偏見無く作ることが出来ました。
と言うか最近のキットの方が隙が無さ過ぎてキットに作らされているというか「改造すると死ぬでぇ」と
すごまれているみたいな気持ちになることすらあるので気楽にやれたのは本当に良かったです。

このような機会をいただけたことは誠に有難く嬉しいことでした。感謝申し上げます。

07_04_06.jpg

酒ですが私は下戸に等しく家飲みはまったくしませんし、たまに飲み会に呼ばれて参加すると
飲めないくせに調子に乗ってガバガバ飲んでぶっ倒れるわ、まとめて戻すわ、
果ては電車内で倒れて電車を止めたという黒歴史まであるので今回も呑みに関しては自粛させていただきました。
レギュレーションには反しますがあしからずご了承下さい。

ただ気がとがめて菓子作りに使って残っていたブランデーをちょっとだけ舐めたことはあったので
それで勘弁していただければと思います。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

5)もーそー<学研 1/12 ライドアーマー>

07_05_01.jpg

ミスター・ダイナマイト JB(ジェームス・ブラウン) 専用ライドアーマー
という作品名でお願いします。

07_05_02.jpg

このキットを選んだのは、酒餅の先輩、人生の先輩えむろぼ氏の作例をリスペクトして、
自分がこさえるとどんなかな〜ということによります。

07_05_03.jpg

筆塗りの楽しい点をとことん自分のスキルと向き合いながら、
酔いの勢いに身を任せながらフィニッシュできました。
酒に酔いながらというレギュも、私として定番の自分に酔うほうが忙しく作り終えて晩酌を楽しんでおります。

07_05_04.jpg

また、本作はもともとのメカのカッコよさをそのまま作っても良いのですが、
製作時にBGMがたまたまジェームス・ブラウンを聞いていたのもあり、
フルフェイスの下の顔を彼に変えて忍ばせてみました。

07_05_05.jpg

スタンドマイクもスケルトンマイクをまたビール缶(生)も作ってみましたよ。
これにて私の「SE● MACHIN」は終了であります。

それではみなさん、次回またお会いしましょう!!! げろっぱ(藁

07_05_06.jpg

最後に酒餅企画関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
来年もやらしくお願いします。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

6)ガト<タカラ 1/24 スタンティングタートル>

ガトです、よろしくお願いします。

07_06_01.jpg

涅槃の森

07_06_02.jpg

傑作キットの1/24スタンティングタートルを更にかっこよく改造して剥がれ塗装をしました。

07_06_03.jpg

脚部を中心にポーズ付のための関節新造しております

07_06_04.jpg

大きすぎるスワンピークラッグは詰めて整形、ハッチ横のスモークディスチャージャーは
プラ材からソビエト戦車風の識別帯、差し色の黄色のストライプはお気に入り

07_06_05.jpg

硝煙と血、マッスルシリンダーのポリマーリンゲル液により毎晩酩酊しながら作りました(笑)

07_06_06.jpg

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる