1)yu_kemuri<バンダイ 1/144 バルブド>

balbud01.jpg

balbud02.jpg

B級 HM バルブド @ バンダイ 1/144 (重戦機エルガイム)

エルガイムシリーズ最高の神キットなので素組…のハズが、
気絶している間にチョコマカ弄っていた模様。

balbud03.jpg

股関節、肩、ヒジ等はアフターの関節に置き換え。
ビニールチューブはスプリングに置き換え。
ヒジはガワラ曲げ(ナガノ曲げ)に対応。
足首は3本爪を可動するためにゴニョっとw 足裏はスクラッチ。

balbud05.jpg

お腹のラバー部分は切り取ってボールジョイント接続。
ラバーパーツはヒートペンにて新造。(ちょい伸びてるカモ)
等々、なんかやってますが、結果的に元キットとほとんど変わってませんw

balbud06.jpg

塗装は、一般兵カラーで筆塗りしてドライブラシ。(Mr.Color + タバコライオン)
もっと、ゲージツ的に塗りたかったんですが、あんまり進歩してませんな。

balbud04.jpg

肩に乗ってるのは、例によって Mobile Staff を削ってこさえたミラウー・キャオさんです。
チャイ・チャーさんとか造っても誰もわかんないだろし、資料も無いw ので却下。
「正規軍から鹵獲してエバっている図」とゆー軽いオラ設定でひとつ。

balbud07.jpg

ようやく B級 2体を並べられました。ボチボチ A級を造ろうかしら。

balbud10.jpg

| 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
スポンサーサイト

2)キタケン<バンダイ 1/144 ザブングル>

xbgl_01.jpg

キット:バンダイ 1/144 ザブングル

初参加のケタキンと申します。
最近はツイッター名前の「烈怒悪怒巣(レッドアヌス)」と名乗っております。
この度は、このような楽しいお祭りに参加させていただき、ありがとうございます。

xbgl_02.jpg

1/144ザブングルですが、当時も含め、作るのは初です。
ザブングル自体のデザインも、作品も大好きなんですが、
箱の完成写真がやる気をなくさせてくれるので、
ビールを飲んでやる気を出します。銘柄にこだわりはなく、何でも飲みます。

xbgl_kao.jpg

このキット、色んな方がカッコよく大改造してますが、
僕は大改造などできないので「ショボい味を楽しむ」つもりで制作開始。

xbgl_side.jpg

「足首を曲げて接地させるのはこのデザインでは無理!」と断言し、
脚を開いて立たせて空く隙間にプラ板を立て、ポリパテで埋めました。
パーツ形状を変更した部分は以上です。
立たせてみると以外にカッコよく、「全然オッケー」でした。

xbgl_up.jpg

ラッカーで下地を作り、
田宮アクリルで筆塗りしました。
俯瞰の写真の色味が、いちばん実物に近いです。

xbgl_prg.jpg

やっぱりキットの出来は実際に作ってみないと分からない、と改めて実感しました。
今回は、このキットを作る機会を作っていただき、ありがとうございました!

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

3)ぽくちむ<バンダイ 1/144 エルガイムマークII>

014.jpg

1/144 エルガイムマーク2を作りました。

011_20120901133218.jpg

[工作]
ぼんやりしながら作っていたためあまり覚えていないのですが、
途中写真から判断すると、小顔、小胸にしたぐらいで特にいじっていなかったように思います。
途中写真では持っていたバスターランチャーは、いつの間にかなくしてしまいました。
前腕のハンドカバーの取り付け部分だけ、メカニカルファイルを参考に手を加えました。
装甲の一体成型っぽさを出すために、面同士のつなぎ目を緩いアールや逆アールにしたり、
エッジを丸めたりしてます。
Gパーツさんで買い物するとオマケについてくるハトメをパワーランチャーのピンジャックに使いました。
このハトメ、すごく使い手があります。

010_20120901133219.jpg

[塗装]
ラバー部分は、
「グンゼのメタルカラーにトップコートを吹いたらただのグレーになっちゃってしょんぼり」
という失敗談を参考に、磨いてないダークアイアンにつや消しクリアーを吹き付けて、
ゴムっぽい質感をねらってみました。
ラバー部分のつや消しに対して、ファティマルームのクリアーレッド、
バインダーのレーザー反射板(吸収板?)などはツヤ有り、その他は半ツヤで仕上げました。
艶の違いで質感演出する大人のオシャレモデリングを目指しました。

020 - コピー

とは言え、いちいちマスキングするのは面倒なので、ブワーっとツヤ有りクリアーを吹いて、
半ツヤにしたいところにアルコールを筆塗りしてつやを落としました。
「強い酒をのみすぎて、胃の粘膜がガサガサになっちゃったよ」
みたいな経験談を応用し、アルコールで塗膜をガサガサに荒らしたわけです。
アルコールを塗りすぎるとつや消しに、さらに塗りすぎると塗装がはがれます。

face.jpg

目は蛍光塗料で塗ってあるので光ります。

0011-2.jpg

最後になりましたが、今回もまた参加させていただきまして、ありがとうございます。
来年もまた、よろしくお願い申し上げます。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

4)かづひろ<バンダイ 1/144 ディルファム>

dill01.jpg

かづひろと申しますよろしくお願いします。
今回は「銀河漂流バイファム」より、バンダイ1/144 R・V ディルファムを作りました。

dill02.jpg

胸の部分とスネ部分が気に入らなかったので、思い切って改造しました。

dill03.jpg

塗装はオール筆塗りです!

dill04.jpg

塗料は緑色を「みるきぃぱすてる」、白に「灰色9号」を使用。

dill05.jpg

コトブキヤ丸指ハンド使用(左手にビームガンを持ってるのは気にしないで下さい)。
カメラ部分にオーロラカラーのアクリル製半球を入れてます。

dill06.jpg

よろしくお願いします。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

6)カミソリの竜<アオシマ 1/24 戦略重砲型 パラディン>

Sakemochi3 1

昨年の2ndに引き続き、今回も参加させていただきました♪

Sakemochi3 2

前回がアオシマ製ドルバックだったので、キットを考える手間を省くために(笑)、
今回もドルバックです(´▽`;)アハハ
相変わらず酒は飲めませんが、古き良き時代に泥酔しながら製作いたしました。

Sakemochi3 3

製作したのは特装機兵ドルバックより、アオシマ製1/24戦略重砲型パラディンです。
例のごとく、アニメ劇中には登場しない、プラモデルオリジナル展開のPAらしいです(ーεー;)

Sakemochi3 4

前回同様、箱を開けるとまたしても2キット分入っていたのですが、
どうやら1キット2体は暗黙の了解なのかもしれませんね(^_^;)
(相変わらず、なにかしらの部品は1体分というオマケつき、笑)
しかも装甲部の小窓のためか、半分がクリアパーツ仕様という、
子供が造ったら泣きなくなること間違いない恐ろしいキットでした(((゜Д゜;)))フ゛ルフ゛ル

Sakemochi3 5

脚部はキットのままだと気をつけ!ポーズしかできないので、今回も少し矯正しました。
決して改造ではありませんが、前回以上に効果のほどはわからなくなりました(´д`;)

武装もジャンクパーツで適当に。
劇中に登場しない時点で活躍の仕方や度合いがわかりませんので、自由にやりました(笑)

Sakemochi3 6

最後に、同じくドルバックのPA-36Fルーク&AVS-004バッファイヤー、
昨年のPA-36Kバーロンと一緒に並べてみました♪

とても楽しく製作させていただきました、80年代バンザーイ!

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

5)おとやん<バンダイ1/144 旧ザク>

写真-12-08-06-15-20-44

アピールポイント
馬鹿正直にレギュレーションを全て満たす為、
ビール飲みながらのほぼ無改造(一部後ハメ)ストレート組の筆塗装です。

写真-12-08-06-15-21-54

写真-12-08-06-15-22-22

マーキングはすべてフリーハンド塗装です。
画像にはうまく映っていないのですが、右肩側面にSM-03と描いてます。酒餅3の略です。

写真-汚し前2


苦労した点
筆塗りで黒立ち上げ風にする為、下地にかなり暗めのダークグリーン塗りましたが、面相で塗ったのでアホのように無駄な時間を費やしました。

写真-汚し前1

80'sロボへの愛着
正直、ガンダム・マクロス意外はあんまり記憶にないんです。
ざくは旧ザクが一番簡単そうだったのでコレにしました。動機が不純です。


ベルギービール等が好きですが高くてなかなか買えません。
家にある専用グラス達が埃かぶってます。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
オフィシャルパートナー
公式Twitter
プロフィール

Toshiki

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる