スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒餅2nd投票終了!

酒餅2nd投票終了!

『オッサンたちが酒呑んで餅ベーション上げて80年代のロボットプラモ作るのかよ』の第2回、
誰が呼んだか『酒餅2nd』も予想以上(異常w)のたくさんの参加者とご投票を頂きまして、
無事終了となりました。本当にありがとうございました。

毎日毎日たくさんのご投票を頂く度に、時にはニヤニヤ、たまにはおいおい、終いには勘弁してくれ、と
集計も編集と同じくらい大変な作業となり、最早仕事のメールなのか投票なのか混乱する事態でしたw

今回は投票と同じ位、いやそれ以上にウザイ…否アツいメッセージを寄せて頂くことが多く
『こんなに楽しいコンペがあるとは知りませんでした。』
『非常にいい作品ばかりでいい物を見させてもらいました』
『涙なくしては観れませんでした・・・』
『皆さんホント素晴らしいです。見せ方にいろいろ工夫があり参考になりました。』
『おっさんにはタマラナイキットばかりで拝見して楽しかったです。』
『普段は見ることのできないキットが多数あるので見ていても楽しい!!』
『冷静に考えてみたら、もう人生の折り返し地点を越えてしまっていて、
「これからの人生であと何個プラモを作れるだろう?」「残りの人生で積んでるキット全部作れるだろうか?」と
心配になってきたりもします。
そんなとき、他の人が代わりに難キット作ってくれて、その苦労を製作記事から追体験できる酒餅コンペって、
なんて素晴らしいんだろうと思いました。』
『日本全国津々浦々の皆さんと一緒に、ほろ酔ったりグデングデンになりながら、
震える指先研ぎ澄まし最中キット作ってるという妙な連帯感がプラモ作業ではなく酒の方を進めます。』
『素晴らしい作品の数々、個性豊かな作者さん達、そして酒を飲みながら模型を作る楽しさに出会うことが
出来たこの酒餅というコンペに感謝感謝です。』
『『我々はお手をつないでゴールインするゆとり世代ではない』名言だとおもいます!』
…etc。

皆さん、運営側以上(異常ww)に酒餅を愛して頂いているようで、有り難いやら気恥ずかしいやら、
場末のキャバクラでちょっと残念な女の子にホメゴロシにあうような複雑な気分だったりしますw

しかし、それ以上(異常www)にそれ以上にウザイ…否アツかったのは、
『次回はぜひ僕も参加したいです。』
『また3rdがあれば参加したいです。』
『次回も是非とも参加させてくださいねw』
『また来年も見たいです。楽しみにしています!』
『第三回・・・・期待してていいですか?』
『また参加したいので第3回もお願いいたします!』
『また来年も開催されるなら是非参加します!こんな楽しいコンペ他にはありません!』
…etc。

ふへー┐(´-`)┌
でも運営っていっても、ほとんど1人の作業なので結構しんどいんですよ。
ですが、皆さんの熱意はよーーーーーく分かりましたので、前向きには検討させて頂きますm(__)m

さて、この後のスケジュールですが、集計結果を元に運営側で揉む作業を行い、最終結果を発表します。
いわゆる『独断と偏見』で順位がシャッフルされるという民主主義の根底を覆す独裁裁定が行われるわけです。

発表/表彰は、11月下旬の予定です。
投票は終了しましたが展示および作品受付は継続しますので、それまで、ゆるーーーーーりと
自慢の酒を片手に珠玉の作品群をご堪能くださいませ。

<11/22追記:kmasa氏のゴーディアンを追加しました>

→最初から順番に見る


※1 画像およびお名前クリックで当該ページにLINKしております。
※2 表示スペースの関係で参加者のお名前・HNは全て敬称略とさせて頂いております。ご了承下さい。








i_01.jpg
portalflow
i_01.jpg
ざく太郎
i_01.jpg
ろでむ
i_01.jpg
えむろぼ
i_01.jpg
あざらし
 
i_06.jpg
かづひろ
i_01.jpg
へな
i_01.jpg
type00441
i_09.jpg
カミソリの竜
i_10.jpg
kopann
 
i_01.jpg
44HIRO
i_12.jpg
Ebaratch
i_01.jpg
たーちゃん
i_01.jpg
ちょり
i_01.jpg
ちけ
 
i_16.jpg
もんきち
i_01.jpg
でんちゅう
i_01.jpg
Mitzz(ミッツ)
i_19.jpg
たろぉ
i_01.jpg
ぽくちむ
 
i_16.jpg
こまさ
i_01.jpg
レオ
i_01.jpg
kongdra
i_19.jpg
カケ
i_01.jpg
ヤス
 
i_26.jpg
じげ
i_01.jpg
ケタギーノ
i_01.jpg
gnjoy
i_19.jpg
NHKEN2
i_01.jpg
Oricha
 
i_31.jpg
ボブ
i_01.jpg
JOSE26
i_01.jpg
S-SAIYAN
i_19.jpg
Akicyan
i_01.jpg
ピカ
 
i_16.jpg
シン☆
i_37.jpg
HIDEOO
i_01.jpg
ツキデコ
i_19.jpg
ダンディ
i_01.jpg
まっちゃん
 
i_16.jpg
ノラ
i_01.jpg
滞在記
i_01.jpg
まさえだ
i_19.jpg
TOMO
i_01.jpg
budd
 
i_16.jpg
kasumi
i_01.jpg
koooki
i_01.jpg
とめぞう
i_19.jpg
ibiza
i_01.jpg
いけぽん
i_16.jpg
かなた
i_01.jpg
kmasa
i_01.jpg
i_19.jpg
i_01.jpg
 
スポンサーサイト

1)portalflow<バンダイ 1/144 リックドムII>

初めまして(一部除く)portalflowと申します。
前回参加しなかったことを悔いたので、第2回があると知って即参加を決めました。
今回の参加人数の増加を見ると、同じ思いの方が多かったのでしょうか。

01_20111029150357.jpg

今回旧キットとしては微妙ですが、ポケ戦のリックドムIIを製作いたしました。
一応は関節位置を多少変更したりはしていますが、素組みと大差ありません。

02_20111029150357.jpg

03_20111029150358.jpg

配色は知っている方は知っている1/100ジョニザクの箱絵の
随伴機のものです(私はいつも基本筆塗りです)。

04_20111029150358.jpg

コンペの趣旨上、楽しく製作することが重要ですので、
チッピングなどストレスな作業は一切行っていません(笑)。
あとマーキングは著作権など問題あれば剥がしますので、
その際はお知らせくださいませ。

05.jpg

今回このような楽しいコンペを開催していただきありがとうございました。
次回があれば、ぜひまた参加させていただきたいと思います。

| 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

2)ざく太郎<バンダイ 1/72 ガンダム メカニックモデル>

小学生の頃の自分にとってこのガンダムは・・・正に【神】的なキットでした。

P9141418.jpg

なにしろ当時の自分はこのキットの実物すら見た事が無かったんですよ。(実は今回が人生初製作w)

P9141422.jpg

少年誌の裏表紙一面にあった大きな広告を、穴の開くほど一日中眺めては
『カッコイイなぁ!』『すげえなぁ♪』『いつかは・・・絶対欲しいなぁ☆』

P9141421.jpg

毎日うっとり&タメイキw
ずっとこの30年、思い焦がれておりました。

価格は憧れの1/60を更に上回る¥2500円
まぁ現在では普通にMGぐらいの値段なんですけど。

P9141419.jpg

当時の貧しいウチでは本当に無理な価格設定w
自分の育った田舎では お店で売ってるのすら見た事も無ければ、
近所の兄ちゃんも誰も持っておりませんでした。

本当にマボロシのキットだったワケです。

P9131406.jpg

今回、この様な素晴らしいコンペに参加出来、
ようやく30年越しのリベンジが出来ました。

P9131405.jpg

工作も仕上げも荒いですが、自分なりの
『当時憧れたガンプラ』は達成出来ました☆

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

3)ろでむ<バンダイ 1/3 柔王丸>

7.jpg

バンダイ1/3「柔王丸」です。
できる限りキットを生かすよう製作しましが、腹部と左足首には木工パテを使用してます。

5.jpg

間接がすぐヘタるので、柔道の構えを意識した固定ポーズとして仕上げましたが、
柔道やったことないので正直どうなのかわからないです。

8.jpg

手首はコトブキヤのパーツ、あと所々に金属ネジを使用してます。
デカールはガンダム等のものから適当にチョイスして貼ってます。
塗装は一度エアブラシで大まかに塗った後になぞる様に筆で上塗りしてます。

2_20111029153856.jpg

「柔王丸」だけだとさみしので相方に以前製作した「ザ・魔人」を絡ませてみましたw
もし因縁の2体がタッグを組んだら・・チャンピオンよりどちらかと言うとジャンプ的なイメージでww

1_20111029153906.jpg

最初は下戸なのに酒飲みの集まる模型コンペに参加ってどーよ?とも考えていたのですが・・。

3_20111029153856.jpg

結果的にはコンペに参加させていただくことによって、
飲みはしないけど「その場の雰囲気を楽しむ」的な連帯感と
製作のモチベーションアップにつながり、しかも積みプラの消化もできて
自分にとっては大変有意義でした。

ありがとうございました!

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

4)えむろぼ<アオシマ 1/600 ガルボ・ジック>

No1_GALBOJICK_MROBO.jpg

アオシマの1/600ガルボ・ジックです。
イデオンのプラモデルは初めてになりますが”とめぞう”さんの洗礼を受けて作り始めました。
定価1800円ですが、有名な某通販ショップでは98円で販売されていたこのキット。
実に昭和な構成で思いっきり楽しめました。

No2_GALBOJICK_MROBO.jpg

毎度ですがなんでもかんでもくっつけてしまう「足し算式のエムロボテイスト」となりました。
オリジナル解釈の左右のユニットはMGボールの基部に/1550のガルボ・ジックを被せています。
両者のサイズがぴったりだったのは驚きです。
春から作り始めて秋までかかりました。

No3_GALBOJICK_MROBO.jpg

そうそう、今回はバッフクラン文字もデカールとして自作してみました。
PCを交換したのでアルプスのプリンターが使えなくなりインクジェットでの製作となりました。
インクジェットで作るデカール、勝手は良いのですが白が使えなくて表現が狭いですね。

No4_GALBOJICK_MROBO.jpg

重機動メカは他にもたくさんあるので機会があればあれば、またチャレンジしたいです。
電飾も試行錯誤しましたが雰囲気が出せたと思います。

カラーリングは二次大戦の米海軍アベンジャーをモチーフにしました。
国力のある大国が資金にあかせて作った超兵器。(ドイツ軍カラーも捨てがたかった!)
そんな雰囲気を感じていただけたら幸いです。

No5_GALBOJICK_MROBO.jpg

最後に、運営にあたっている皆さま、毎度ありがとうございます。

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

5)あざらし<バンダイ 1/144 ガズアル&ガズエル>

111009_211221.jpg

【作品解説】
1986年の「機動戦士ガンダムZZ」に登場した、ハマーン様の護衛をつとめる「ロイヤルガード」の搭乗機です。
キット自体はZガンダムのガルバルディβの使いまわしで、当時のシリーズ中ではかなり出来のいいキットです。
今となっては関節がぜんぜん動かない点に不満がありますが、素立ちでもなかなかかっこいいのでそれほど気になりません。

111009_211508.jpg

実はこのキット、ZZガンダム放送当事に作ったことがあり、二度目の挑戦なわけですが、
今回は「ラッカー&エナメル系使用禁止」とい う家庭の事情もあり、
こういったセレブなMSを作るときに必須のMr.メタルカラーが使えません。
もちろんエアブラシもないのでオール筆塗りとなるわけです。

111009_211328.jpg

【改修ポイント】
このキットに関しては大枠のプロポーション自体は全くもったいないのですが、
足首が内股気味に見えてしまうのが引っかかるという最大の弱点を有しています。
そこで、ガズエルについては足首パーツについて内部にBJ-05を仕込んだFGザクの足回りを加工して挿入。
すね側にWAVEのPC-03とプラサポで作った受けを入れて、引き出しのBJ関節にしました。

111009_211817.jpg

←前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
オフィシャルパートナー


公式Twitter
プロフィール

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。