スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【酒餅80'sロボプラモコンペ終宴】

title.jpg


ネット史上他に類を見ないgdgdレギュコンペ』とニッチ層(一部マニアともいう)に、
熱狂的な支持を頂きました当『酒餅'80'sロボプラモコンペ』ですが、お蔭様をもちまして
底の見えない不景気感と歴史に残る酷暑の中、沢山の参加者および参加キットにお集まり頂くことができました。
運営陣一同、厚く御礼を申し上げますm(__)m

思いつきと勢いだけで始めたコンペですが、これだけ沢山のご賛同を頂けるとは思いもせず、
あらためて懐ロボキットと飲酒モデリングの底の深さを思い知った次第ですw

参加者・応援して頂いた皆様の尽力もあり2010年盛夏の宴は秋風の到来と共に終宴を迎えましたが、
『さよならは別れの言葉でなくてー再び逢うまでの遠い約束ー』(棒読み調で)ですので、
感謝を込めてまたこの宴の席でお逢いできることを願いつつ、結びの言葉とさせて頂きます。

『泥酔モデリングよ、永遠なれ!』


※1 画像およびお名前クリックで当該ページにLINKしております。
※2 表示スペースの関係で参加者のお名前・HNは全て敬称略とさせて頂いております。ご了承下さい。

3.jpg1.jpg
model_2.jpg
かづひろ
model_2.jpg
えむろぼ
model_3.jpg
ぼくちむ
model_4.jpg
kongdra
model_5.jpg
ちけ
 
1.jpg
model_6.jpg
ノゐゑス
model_7.jpg
ebaratch
model_8.jpg
yu_kemuri
model_9.jpg
マロ☆ちゃん
model_10.jpg
とめぞう
 
1.jpg
model_11.jpg
Akicyan
model_12.jpg
Toshiki
model_13.jpg
kmasa
model_14.jpg
のびたろう
model_15.jpg
てんぐどー
 
1.jpg2.jpg
model_16.jpg
Tomo
model_17.jpg
宵っ張りのTaka
model_18.jpg
真キム
model_19.jpg
HIDE00
model_20.jpg
budd
 
emu.jpg
model_21.jpg
イカスミ
model_22.jpg
touya


Copyright (C) 2010 SAKE-MOCHI '80's ROBO PLAMO CONPETITION EXECUTIVE COMMUNITTEE
All rights reserved.
スポンサーサイト

1)かづひろ<アオシマ アニメスケール 発展型ロボ アトランジャー>

1)かづひろ<アオシマ アニメスケール 発展型ロボ アトランジャー>

塗装にはエアブラシを使用しましたが、僕のマスキングテクがアレなので、
リタッチに筆を使いました。他にも手足の延長はしたくなかったのですが、
どうしても関節(今流行りのアルミ線です)を仕込むのに、やむを得ず延長しました。
その他はキットのままです。甘いモールド、造型そのままです。

1a.jpg

1b.jpg

1c.jpg

1d.jpg

1e.jpg

1f.jpg

| 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

2)えむろぼ<バンダイ 1/100 トラッド11>

2)えむろぼ<バンダイ 1/100 トラッド11>

会長のお声がけでチャレンジしてみた筆塗りウォーカーマシンです。
次々とキットを購入するのに、完成するのはなぜかウォーカーマシンばかり…。
4台も完成品があるシリーズは他にはガンダムくらいのものです。
コンバットアーマーもラウンドバーニアンもオーラバトラーもアーマードトルーパーもいいけど、
どうしてもウォーカーマシンばかりに手が伸びるのはもはや病気と言えるかもしれません。
そろそろ、ザブングルとかギャリアーとかの本命に手をつけ始めてみたいのですが、
どうなりますか。それでは、よろしくお願いしますー。

あ、肝心なことを忘れてました。
このトラッドイレブンは約20リットルのビールで作られています♪
おかげで色々なビールが飲めました。 色々飲んだけど、やっぱり、サッポロが一番かなぁ。

SM_T11_01.jpg

中学生以来の筆塗り仕上げスプリッター迷彩のトラッド11です。
会長のオーラに突き動かされての極短期決戦仕様。
キットのできは素晴らしくプロポーションも抜群でした。

SM_T11_02.jpg

オヤジは背中で語るもの。
シビリアンの苦労が燻し銀に見えるようなディテールを心がけました。

SM_T11_03.jpg

ここ見てほしい!
筆塗りなのでサビサビの鉄板をトコトン追求できました!
まぁ、出来のほうは、初挑戦ということで…。

SM_T11_04.jpg

サイレントランニングを見たためかコロニーで働くWMを再現したくなって作りました。
久しぶりのデジラマです。

SM_T11_05.jpg

色を塗る前の姿がひょっとしたら一番好きかもしれません。
ここで放置しておくと妄想という名のエクスタシーを永遠に味わい続けられそうです。

SM_T11_06.jpg

ぐあぁ、汚しすぎました。 早速ふき取ります。 そして汚します。
あああぁ、また汚しすぎた。 …あきれるほど繰り返しました。

| ← 前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

3)ぼくちむ<バンダイ 1/24 トウィンクルヘッド>

3)ぼくちむ<バンダイ 1/24 トウィンクルヘッド>

1/24トウィンクルヘッドを作りました。
がんばったところは、カチュアを作ったことです。
カチュアを作っただけで、ほとんど気が済んでしまいました。
足が届かないので竹馬を履いているという設定なので、
膝と足関節は人が入っていない感じにずらしました。

うそです。
本当はずれたまま瞬着が硬化してしまいました。
足が届かないなら手も届かないだろうと思って、
ジョイスティックのコントローラーをつけてみました。
あと手を加えた点は、靴と脛を少し幅つめしたぐらいだったと思います。

トウィンクルヘッド 017

トウィンクルヘッド 012

トウィンクルヘッド 011

トウィンクルヘッド 007

トウィンクルヘッド 005

モナカキットなので、内側に願い事を書きました。

「お金に困らない生活」 「禁煙」

80年代の頃と比べて、願い事が何とも生臭くなってる気がしました。

| ← 前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |

4)kongdra<バンダイ 1/144 ヌージャデルガー>

4)kongdra<バンダイ 1/144 ヌージャデルガー>

1/144スケール・ゼントラーディ軍パワードスーツ「ヌージャデルガー」です。

旧イマイ開発、現バンダイ発売のマクロスシリーズの一つであり、
バンダイ発売以降、再販の度に売れ残ったと思ったら叩き売られて、
いつの間にか消えていたアイテムだと記憶しています(笑)。

今回のキットは、マクロス誕生25周年記念の再版ものですが、
'92年以降再販が続いているため、パッケージに25周年シールが付いてもあまり目立ちません(笑)。

お酒と一緒にユルユル製作というコンセプトを聞いて、
安売りで入手してストックしていたのを思い出し、
ロボットではないけど'80年代のキャラものだし異星人のメカなので、
結構イケそうでは!?と単純に思い、これを製作することにしました。

Snd01.jpg

製作は、基本的にキットのパーツを素組みですが、脚の付け根だけは
ポーズが決まらないため、ランナー流用の軸で固定し、エポキシパテで
カバーっぽいものを自作してそれらしくしておきました。

Snd04.jpg

塗装は箱絵のものに準じた塗り分けですが、異星人のメカなので、
自由な発想のもと、衛星軌道上での戦闘を想定した宇宙用迷彩をイメージしてみました。
アメリカ軍が以前使っていた車両用迷彩のパターンを参考に、
地球型惑星の表面に対応したカラーで迷彩を描き込み、迷彩色はアメリカ製モデルマスター・
水性アクリル塗料のグレイ系とコバルトブルーを中心に、ファレホのブラウンとグリーンを使用しました。

Snd02.jpg

キット付属のデカールからゼントラーディマークと宇宙文字の部分を選んで貼り付け、
タミヤアクリルのクリアー+フラットベース+バフ調合の自作フラットクリアーを薄く塗った後
DUOアクアオイルの黒と茶色、黄土色の混色でウォッシングし、最後にタミヤウェザリングマスターの
マッドやサンド等で汚し仕上げをしています。

Snd03.jpg

ガンプラ旧キットをはじめとするバンダイ発売の'80年代リアルロボット系キットは、
度重なる再販により、今でも入手可能なアイテムなのですが、ガンプラ以外のアイテムで
自由なカラーリングができるものとして、アルコールによるサイケデリックなイメージを
反映させられそうなイメージを感じましたので、この巨人族のパワードスーツを選んでみました。
実際はサイケとはいかないまでも、普段は思いつかないような模様にはなったかなという感じですが。

Snd05.jpg

「中の人」となる巨人パイロットは、タミヤアクリルで各色を塗り分け、タミヤエナメルで陰影を付け
ています。異星人のイメージ優先で黒目は書き込んでいません。塗装は全て筆塗りです。
筆の跡とクラック状の迷彩パターンによって、なぜか生物のような感じになったかな?という気がします。

Snd06.jpg

酒の神様のお導きを無意識に求めつつ作業を進めてまいりましたので、
製作開始当初のイメージとは離れてはしまいましたが、まあまあの仕上がりにはなれたかな、と
今は自分を褒めてあげたい気持ちです。

製作中のドリンク類は、好みもありますが、できるだけ安価でアルコール効果を期待できそうなもので
いかせていただきました。地元の誇りと共に、近所で一時79円で販売されていたこともあって、
大阪に本社のあるサンガリア製缶チューハイ類を主に愛飲していました。

酒神の導きとご加護を感じられるような、今まで味わった事のない新感覚モデリングを楽しむ機会を
得られたことに、主催者一同に感謝の意を表します。

| ← 前作品へ | 参加作品一覧へ | 次作品へ→ |
オフィシャルパートナー


公式Twitter
プロフィール

Author:Toshiki
ご質問・お問い合わせはこちらまで。
合コン・呑みのお誘いはこちらまで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
運営陣サイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。